夏井セミナー「二つの人柱」開催

カルチャーショックプログラムでは、これまで、いわき地域学會の夏井芳徳さんをお迎えした歴史学講座をたびたび開催しておりますが、なかでも磐城平城の「人柱伝説」に関するセミナーやトークイベントは大変人気の高い講座になっています。今回も、その人柱に関するセミナーの開催が決定しました。まさに夏井ワールドにどっぷりと浸かる「人柱学」となっております。ぜひご参加下さい。

いわき駅裏手にある丹後沢公園。磐城平城の本丸・二の丸・三の丸と、杉平郭の内濠だった場所にあたります。丹後沢という名前は、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となり、丹後の願いによって付けられたといわれています。それだけではありません。内藤家時代に行われた磐城平城の改造時にも人柱がおり、幕末にいわきを訪れた新島襄が記録を書き残していることが分かっています。

そこで、1回目の人柱、2回目の人柱、その「二柱」を連続講座として学ぶことで、いわきの近世史を「人柱」を通じて見ていきます。磐城平城の建設時、そして幕末。二つの人柱は、現代に生きる私たちに何を投げかけるのでしょうか。皆さんお待ちかねの「夏井人柱講座」です。どうぞふるってご参加下さい。

 

企画名 歴史講座「磐城平城 二つの人柱」
開催日 一柱(磐城平城築城時):2018年2月1日(木)
二柱(磐城平城改造時):2018年2月13日(火)
時間 両日とも18:30〜20:30
講師 夏井芳徳(なつい・よしのり)氏 いわき地域学會 副代表幹事
参加費 無料
会場 いわき市生涯学習プラザ(いわき市平字一町目1 ティーワンビル内)
定員 50名
お申し込み・お問い合わせ いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp
主催 いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会、いわき市、特定非営利活動法人Wunder ground