コミュニティツーリズム関連企画「遠野学」

いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会では今年、新しい観光のあり方として注目を浴びている「コミュニティ・ツーリズム」を取り上げるセミナーを順次開催していきます。第1弾として、観光家の陸奥賢によるセミナーをすでにお知らせしていますが、こちらは、より地域に、いわきに根ざした実践的セミナーになります。その名も「遠野学」。いわき市遠野でコミュニティツーリズムを起動させるべく、ゲスト講師とともにその地域を学び、ツーリズムの可能性を探ります。

講座は2回にわたって行われます。初回は「遠野いろいろ入門 〜遠野ってどんなところ?〜」がテーマ。遠野町下滝在住で、郷土史に造形の深い櫛田幸太郎さんをゲストに迎え、遠野に流れる鮫川の話から、遠野の自然や風土、歴史、文化など、幅広いテーマで遠野を掘り下げていきます。カメラマンとしての実績もおありの櫛田さん。作品を見返しながら、遠野の基礎を学びます。

第2回では、「遠野みらいを考える 〜これからの、トーノ・トーク」というタイトルで、菩提院の霜村真康副住職をファシリテーターに迎え、遠野の未来を参加者とともに考える対話の場をつくります。これまでに学習した遠野魅力だけでなく地域課題も見据えながら、新しい遠野を参加者で考えていく企画となっています。

 

 

これまでの歴史探訪ツアーとコミュニティツーリズムは何が違うのか。11月15日の陸奥氏のセミナーに参加した上で「遠野学」にも参加されると、理解が深まるはずです。いわきに新しい観光の潮流を作る、その一人となって下さい。参加にはお申し込みが必要です。必要事項を記入のうえ、ファックスかメールでお申し込み下さい。

 

企画名 地域学講座「遠野学」
開催日 第1回 2017年11月28日(火)
第2回 2017年12月21日(木)
時間 19:00〜20:30
会場 いわき産業創造館セミナー室
いわき市平田町120番地 LATOV 6階
講師 第1回 講師:櫛田 幸太郎(くしだ・こうたろう)氏  
昭和10年生まれ、82歳。遠野町下滝在住。上遠野中学校、磐城高校、宇都宮大学農学部卒。遠野高校、磐城農業高校、県高等学校教育課勤務を経て平成2年磐城農業高校校長、平成8年岩瀬農業高校長を定年退職。他に大字下滝区長、鮫川漁業協同組合長、人権擁護委員、上遠野中学校同窓会長を歴任。趣味は写真撮影。野仏の素朴で柔和な表情に心癒されている。

第2回 講師:霜村 真康(しもむら・しんこう)氏
1976年栃木県生まれ。浄土宗菩提院副住職。未来会議事務局副事務局長。廿三夜講復活プロジェクト発起人。東日本大震災後、人々の様々な分断を緩和する対話の場「未来会議」を発起。様々な対話の場づくりに取り組む。
主催 いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会、いわき市、NPO法人Wunder ground
お問い合わせ・お申し込み いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552 
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

※必要事項をご記入頂き、ファックスか電子メールのいずれかによりお申し込みください。
※メールでお申込みの際は、件名に「地域学講座遠野学 申込」、本文に上記の項目を御記載ください。