潮目とは、二つの異なる潮流の境目であり、流れゆく物事が向かう方向や、情勢が変化するその境目を指すとともに、過去と現在・未来、異なる地域が出会うはざまの象徴でもあります。
いわき市は、石炭から石油へと移行するエネルギー革命という潮目から、観光や重化学工業を発展させ、生まれ変わった歴史を持ちます。
14市町村が合併するという潮目からは、多様な文化への寛容と、海や山など変化に富んだ自然や資源の魅力を引き出してきたように、いわき市は、時代と地域の潮目から豊かな実りを生みだしてきた「潮目のまち」であると言えるでしょう。
東日本大震災を経験し、また、市制施行50周年の節目を迎え、新たな潮目に直面している今、50年後のいわきに残す文化のまちづくりに向けた基盤づくりに取り組むため、市内で様々な活動を行っている文化の担い手たちを中心にして「いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会」を立ち上げました。
今年、「いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会」と市は、いわきが潮目のまちとして発展を遂げてきた過去の歴史や経験を振り返るとともに、自分たちの文化の力を見つめ直し、そこから新しい発想で更なる豊かさを生み出すための活動をアートな視点から展開していきます。

潮目とは、二つの異なる潮流の境目であり、流れゆく物事が向かう方向や、
情勢が変化するその境目を指すとともに、過去と現在・未来、異なる地域が出会うはざまの象徴でもあります。
いわき市は、石炭から石油へと移行するエネルギー革命という潮目から、
観光や重化学工業を発展させ、生まれ変わった歴史を持ちます。
14市町村が合併するという潮目からは、多様な文化への寛容と、
海や山など変化に富んだ自然や資源の魅力を引き出してきたように、
いわき市は、時代と地域の潮目から豊かな実りを生みだしてきた「潮目のまち」であると言えるでしょう。
東日本大震災を経験し、また、市制施行50周年の節目を迎え、新たな潮目に直面している今、
50年後のいわきに残す文化のまちづくりに向けた基盤づくりに取り組むため、
市内で様々な活動を行っている文化の担い手たちを中心にして
「いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会」を立ち上げました。
今年、「いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会」と市は、
いわきが潮目のまちとして発展を遂げてきた過去の歴史や経験を振り返るとともに、
自分たちの文化の力を見つめ直し、そこから新しい発想で更なる豊かさを生み出すための活動を
アートな視点から展開していきます。